身体も心も

マッサージは筋肉をほぐすことによってリラックス効果が得られると同時に肩こりや腰痛などの慢性的な疾患を改善させることも出来るのです。マッサージはリラクゼーションとして行われるほかに治療としても取り入れられています。基本的にマッサージは国家資格を保持したひとにしか施術が出来ないものでもあります。道具や器具などを一切使わずに治療行為が認められているのもマッサージの特徴です。身体をほぐしてリラックス状態になると副交感神経が優位になりますからストレスなども取ることも出来るのです。どんなときにマッサージを受けたほうが良いという定義はありません。疲れた時に受けることが一番でしょう。続けることによって筋肉に柔軟性をもたらします。

マッサージを受けたことがない人は翌日揉みかえしが起こる可能性が高くなります。揉みかえしとは何かといいますと、普段使わない筋肉を刺激することによって一種の筋肉痛のような症状に陥ってしまいます。ですので翌日に筋肉が痛いと感じる場合がありますが、大抵の場合は数日後に解消されてスッキリするでしょう。翌日に痛みが残るのが苦手なひとは施術者に弱めに行ってもらうように伝えたほうが良いかもしれません。初めて施術を受ける方で筋肉が固くなりすぎていたらマッサージされるとくすぐったいと感じることがあります。固くなりすぎていると痛みよりくすぐったさが現れる場合があります。人によって感覚が違いますから不快感があるようならば揉み方を変えてもらうですとか強さを調節してもらいましょう。